接点補修


【お問い合わせ・ご注文】

  TEL:03-3443-6888
FAX
  FAX:03-3445-9156
  問い合わせフォームへ

 
コンタクター用接点板の補修・リニューアルを承ります。使用済みの直流用接点板の接触部分のみを交換して、十分使用可能な交換用部品としてお返しします。一度お見積をご依頼ください。修理不可の品物は、現物合わせで新品も製作可能です。東芝、日立、三菱、安川などの直流接点板【コンタクト部品】については、ぜひご相談ください。
 

 

 

直流接点版購入をご検討されているみなさまへ

使い古しのコンタクト接点板は、状態が良ければ接点補修することで再生することができます。
 

<<交換済みの部品は廃棄せずに保管いただくことが必要です。>>
 
 

※ご注意点
接点リニューアルは、ロー付け加工されたもののみ可能です。現物の状態によっては、補修できない場合があります。(使いすぎたものや破損したものなど)
 

接点補修品(ロー付けによる加工)

補修前

補修前

完成品

完成品

現物合わせの新規製作(補修不可のもの)

補修不可の品物

補修不可の品物

現物合わせで新品を製作

現物合わせで新品を製作

加工の流れ

First Step ~外観の確認~

 
見積もり段階。
補修可能かどうかも判断します。

Second Step ~メッキなどの剥離~

 
メッキ剥離と洗浄
最終的に、補修可能かどうか判断します。

Third Step ~古い接点の剥がしと新しい接点のロー付け~

 
補修作業
使い古しをはがして、新しい接点を貼りつけます。(成形も行います。)

Forth Step~表面処理【Agメッキなど】~

 
表面処理加工
ご要望により行わない場合があります。

加工実績

カーボンブラシ
電流値の高いもの、電線を二股に分岐
取付側にスプリングの当て板が付いたもの
自動搬送機モーター用、端末ははんだ付けにつき、圧着端子なし
特殊形状のカーボンブラシ

【お問い合わせ・ご注文】

 
  TEL:03-3443-6888
 
FAX
  FAX:03-3445-9156
 
  問い合わせフォームへ