部品加工


【お問い合わせ・ご注文】

  TEL:03-3443-6888
FAX
  FAX:03-3445-9156
  問い合わせフォームへ
弊社工場や外注加工先のネットワークを駆使して、接点カシメ、接点スポット溶接、接点ロー付け、手付けハンダ、ユニバーサル基板加工、プレス、ひき物、切削、ワイヤーカット、レーザーカット、フォーミング加工、機械加工などの部品加工を承ります。電気接点ロー付けや接点板補修、ロー溶接は弊社まで

 
弊社独自の加工先ネットワークと各種加工技術を駆使してご要望の部品を製作します。
・『接点+α』の加工 【ロー付けカシメスポット溶接手付けハンダ
材料手配、機械加工【プレス・切削・挽き物加工、ワイヤー/レーザーカットなど】
・加工後の表面処理(メッキ処理や脱脂処理)等々
補給部品が生産中止となった、接点板の製作・補修
図面や現物サンプルを基に、電気部品に加えて、電気に関係のない品物やこれまでに経験のない加工につきましても、積極的に対応させていただきます。
さらに、出来上がった部品を組み合わせた『複合部品化【サブアセンブリ】』や『組立配線【アセンブリ】』も承ります。

当社取り扱いの一例

材料調達について

弊社加工取り扱いの材料について


 銅・銅合金系

真鍮

リン青銅


 銀合金系

銀ニッケル

銀酸化スズ

銀酸化カドミウム


 貴金属系

PGS(Au+Pt+Agの合金)


 その他

銀(銅)タングステン

銀パラヂウム

鉄類 他

 
主に電子部品製作向けに、次工程用の材料として、図面仕様に基づいて各種金属材料を入手いたします。また、材料単体のみも対応いたします。上記以外の材料についてもご相談ください。

ロー付け加工


 
電気接点のロー付けは、接合する部品同士を加熱し、銀ローを溶かして接着させる方法です。部品の仕様や形状により、最適なロー付けを採用しております。取り扱いは電気接点部品が中心ですが、それ以外の用途【溶接など】でも対応いたします。なお、使用する銀ロー材は、RoHS指令対応品を使用しております。
 ☆ロー付け+αの内容について
TOPICS.1: ロー付け部品とほかの部品のアセンブリ
TOPICS.2: ロー付け構成部品すべての調達やロー付け後の2次加工(切削や穴あけ、研磨など)
TOPICS.3: 高電流用の摩耗した接点板のリニューアルを行っています。
 

バーナーロー付けのイメージ

 

ロー付けについての注意点

ロー付けは、金属材料を高い温度まで熱しますので、『焼きなまし』となり、加熱前の材料強度よりも柔らかくなります。特に『』や『銅合金』類は顕著です。材質や板厚により、ご要望の部品強度を下回る場合がありますので、ご注意ください。
また、台座に機械加工時の脂分が残っていると、ロー付け時に炭化して焦げ付き、メッキ剥離の原因になることから、ロー付け加工前の洗浄や脱脂処理が必要になります。

カシメ加工


カシメ加工

 
カシメ用プレス機を用いて、カシメ部品を製作します。

  • 【接点カシメ】接点板にリベット接点をカシメするもの。
  • 【ハトメ/カシメ】複合部品製作の際に、複数の部品を組み合わせて固定するもの。

等々、各種対応いたします。
図面をご用意いただくだけで、

  • 起型や材料入手、機械加工【プレスなど】による接点板の製作
  • リベット接点の入手
  • 厳密なカシメ条件を基にした治工具の設定による、品質の安定したカシメ部品の製作
  • 厳格な基準に基づく完成部品の検査
  • 複数の部品を組み合わせたユニットのアッセンブリ

といった一連の工程を経て、何よりも品質重視の品物をお手元までお届け致します。支給部品によるカシメ加工も承っておりますので、お気軽にご相談ください。
 

カシメのイメージ
 
 

作業風景

作業風景

作業風景

検査風景

検査風景

作業風景

作業風景

スポット溶接


スポット溶接

 
 
通電による加熱で、台座と電気接点とを組み合わせて溶接いたします。素材同士の導電性の差による発熱で接点の接合面を溶かし、冶具による加圧で台金に接着させるため、電流や加圧力などを適切に管理して、最適な溶接部品をお届け致します。
電気接点溶接の場合は、おもに台座との接合面に突起【プロジェクション】が付いたクロスバー接点を使用します。
リード線溶接の場合は、芯線をスリーブ等で保護して、溶接を行います。
前工程として、台座のプレス加工や接点の製作も承っております。部品の完成まで一貫して承りますので、お気軽にお問い合わせください。
 

スポット溶接のイメージ

 

 

ハンダ付け加工


ハンダ付け加工

 
 
弊社では、電気部品のハンダ付け加工を承っています。ハンダごてを使用した【手付けハンダ】が中心です。基板の製作や実装する電子部品の調達につきましても、お気軽にご相談ください。また、共晶ハンダだけではなく、RoHS指令ハンダにも対応いたします。部品の大きさや材質などに応じてハンダ温度管理を実施し、最適な部品をお届けします。
廃業などで手付けハンダ加工先が減少している中で、小ロット品や試作部品【ユニバーサル基板の活用等】などでも、十分に対応できる体制を整えておりますので、お気軽にお問い合わせください。
 

 

ハンダ加工先をお探しのみなさまへ

 
ハンダ付けを検討されるにあたって、お困りのことはありませんでしょうか。弊社では、自社工場や加工先のネットワークを駆使して、お客様のハンダ加工に対するご要望にお応えしていきたいと思っております。
 
※解決策1 【ご要望の制作数量をご相談ください。
部品の試作や、小ロットの量産部品製作の際に、加工先の選定で苦慮したことはないでしょうか。また、現在の加工先のキャパオーバーで納期に支障が出てはいないでしょうか。 弊社では、実装機を使用するほどではない数量の手付けハンダを承っています。また、複数の部品を組み合わせてユニット化するサブアセンブリにも対応可能です。ぜひ一度、ご相談してみてください。
 
※解決策2 【ユニバーサル基板による試作制作を承ります
弊社加工先では、ユニバーサル基板を用いた試作用基板の製作を承っております。回路図をご用意いただくだけで、パターンの設計や部品の調達、半田付けを行います。試作だけのためにプリント基板を用意することが難しい際にはお気軽にお問い合わせください。
 
※解決先 ご要望の品質と検査内容ををご相談ください。
量産部品製作にあたって、ハンダの品質にばらつきが多く、手直しを行っているようなことはないでしょうか。弊社では、ハンダ付け加工だけではなく、ご要望によりましては、外観や導通検査なども合わせて承ることができます。 ぜひ一度、弊社までご相談してみてください。
 

機械加工


機械加工

 
 
各種機械加工による部品の製作を承ります。弊社加工先のネットワークを駆使して、材料の入手や金属プレス、切削・挽き物、ワイヤーカット、フライス、板金などによる機械加工品をお届けいたします。また、二次加工【メッキなどの表面処理や他の部品との組合せ、ユニット化など】も承ります。用途は、電気部品向けとなりますが、それ以外の用途のものでもご対応させていただきます。金属加工の他に樹脂の切削加工についてもお気軽にご相談ください。
今後、後継者不足や仕事量の減少で、廃業や事業縮小をする機械加工先が急増する可能性が高いですが、加工依頼先にお困りのことがございましたら、まずはお問い合わせください。
 

 

接点板補修


機械加工

 
 
使用済みの接点板を補修しリニューアルします。詳しくは、特集ページをご覧ください。
 

 

【お問い合わせ・ご注文】

 
  TEL:03-3443-6888
 
FAX
  FAX:03-3445-9156
 
  問い合わせフォームへ