“ごみ箱”に入らず消失してしまうあらゆるファイルを保護・復元「Undelete 11」

ファイル保護・復元ツール
Undelete 11


直前に削除されたファイルも瞬時に復元

 
大変!大事なファイルをうっかり消してしまった・・・
「サーバー上の大事なファイルを誤って削除してしまったので、復元してほしい」「部内で共有しているテンプレートファイルを上書きしてしまったので、復元してほしい」などなど、IT専門家なら誰もがよく知っているサポートコールです。
ユーザーがファイルの正確な名前と場所、そしていつ削除されたかを正確に把握していても、バックアップからそのファイルを復元するのに非常に手間がかかる場合があります。(もしそういった情報が不明瞭な場合は悪夢のようなものです・・・)
 
Condusiv® Technologies の「Undelete(アンデリート)」を使えば、IT エンジニアにかかるリソースやストレスを削減することが可能です。なぜなら、上記のような問い合わせが発生しないかもしれないからです。
 
Undelete なら、ITエンジニアは、失われたファイルのためにバックアップメディア内を捜索することなく復元することができます。またユーザーは、IT部門からの支援を必要とせずに、自力で誤って削除・上書きされたファイルを簡単に復元できるのです。
 

Undelete を使うべき 6 つの理由

 
瞬時に削除されたファイルを復元
削除されたファイルや上書きされたローカルファイル、ネットワークファイルを簡単に復元することができます。
 
上書きされたファイルを復元
Microsoft® Word・Excel・PowerPoint®、CAD、Adobe® Photoshop®・PDF などのファイルを上書きされる直前もしくはそれ以前のバージョンにさかのぼって復元することができます。
 
セルフサービスでの復元が可能
エンドユーザーのセルフサービスでのファイル復元を可能(Windows® 上で許可されている権限の範囲)にし、IT エンジニアをこのタスクから解放します。

 

 
継続的な保護
Windows Server® および PC の継続的なデータ保護を提供します。
 
保護データのセキュリティ
Undelete が保護しているデータをクラウド上に保存している場合の潜在的なセキュリティリスクから保護します。
 
仮想環境データの復元
仮想環境内のファイルを瞬時に復元します。

製品ラインナップ 

 
 ※新規・アップグレード および 販売形態や言語の違いによる搭載機能の違いはございません。

新規版あり
アップグレード版あり
 

Undelete 11 Server


ライセンス販売
日本語版(J)・英語版(E)
ライセンス販売について詳しくみる
 
ダウンロード販売
日本語版(J)のみ    
【新規版 1ライセンス】      
メーカー希望小売価格:105,930円(税込)

【新規版 2ライセンス】      
メーカー希望小売価格:201,300円(税込)

【新規版 5ライセンス】      
メーカー希望小売価格:483,120円(税込)

【アップグレード版 1ライセンス】 
メーカー希望小売価格: 63,580円(税込)
※アップグレード対象製品   
  • Undelete 10 Server
  • Undelete 2009 Server
Windows Server 上で“ごみ箱”に入らず消えてしまったファイルの復元に
 
ファイルサーバー用
Undelete 11 Server は、削除されたり上書きされたサーバー上のネットワークファイルやローカルファイルを復元することできます。
 
本エディション1ライセンスあたり Desktop Client エディションが10ライセンス付属しているため、IT エンジニアがリモートで復元操作を行うことも可能。
 
Undelete 11 Server では、他に所持する Undelete 11 のインストールプログラムを同一ネットワーク上にあるコンピューターにリモートでインストールすることができます。
 
新規版あり
アップグレード版あり
 

Undelete 11 Desktop Client

 
日本語版(J)・英語版(E)    
ライセンス販売について詳しくみる
Undelete 11 Server と連携し、サーバー上のファイルを復元
 
リモートで削除ファイルを復元
Undelete 11 Desktop Client は、Undelete 11 Server と同一ネットワークにあるクライアントPCにインストールし、連携することでサーバー上のネットワークファイルを復元することが可能。
 
なお、Undelete 11 Desktop Client をインストールしているクライアントPC自身は保護対象外となります。
 
新規版あり
アップグレード版あり
 

Undelete 11 Professional


ライセンス販売
日本語版(J)・英語版(E)
ライセンス販売について詳しくみる
 
ダウンロード販売
日本語版(J)のみ    
【新規版 1ライセンス】      
メーカー希望小売価格: 12,100円(税込)
 
【アップグレード版 1ライセンス】 
メーカー希望小売価格:  7,260円(税込)
※アップグレード対象製品   
  • Undelete 10 Professional
  • Undelete 2009 Professional
Undelete 11 Server と連携し、サーバー上と自PCのファイルを復元
 
クライアントPC用
Undelete 11 Professional は、削除されたり上書きされた自分のクライアントPC上のファイルを保護・復元します。
 
また、同一ネットワーク上に Undelete 11 Server がインストールされたサーバーがあれば、連携することでサーバー上のネットワークファイルも復元可能。
 
新規版あり
 

Undelete 11J Home(3ライセンス)

 
ダウンロード販売
日本語版(J)のみ    
【新規版 3ライセンス】      
メーカー希望小売価格:  6,820円(税込)
コストパフォーマンスに優れた 家庭用エディション
 
自宅パソコン用
Undelete 11J Home(3ライセンス)は、個人でご利用のパソコン内のファイルを保護・復元したい方におすすめのエディションです。
他のエディションでは1つのライセンスキーで1台ご利用いただけますが、本製品は1つのライセンスキーで3台までインストール可能なため、コストパフォーマンスに優れています。
 
また 他のエディションと異なり、他の Undelete 11 がインストールされたコンピューターとの連携機能はなく、 Undelete 11J Home(3ライセンス)がインストールされたパソコン内のみが保護・復元の対象となります。
 
※対応OSのエディションに制限がございます。動作環境をご確認ください。
 

Undelete 11 の機能ハイライト

シンプルで直感的なグラフィカル ユーザー インターフェース<機能強化>

使い慣れたファイルエクスプローラーのような新インターフェースにより、削除されたファイルの検索と復元がさらに簡単になりました。

 
Undelete 11 グラフィカルユーザーインターフェース

 

【改良された検索・復元機能】<機能強化>

Undelete 11 では、特定のユーザーや特定のフォルダー、削除された日付の範囲など複数の条件を指定して検索することが可能になりました。
また、検索と復元の速度も向上(前バージョン比)し、みなさまの「困った」をいち早く解決します。
 

保護ファイルの検索-名前および場所

[名前および場所](クリックで拡大)

保護ファイルの検索-日付

[日付](クリックで拡大)

保護ファイルの検索-所有者/削除者

[所有者/削除者](クリックで拡大)

【Microsoft Office® ファイルのバージョン保護機能】

Word・ExcelPowerPoint の上書き前の古いバージョンを保護し、直前はもちろん、そのさらに前の状態に復元することが可能です。

【拡張されたファイルのバージョン保護機能】<新機能>

Undelete 11 では上記に加えて、CADAdobe Photoshop や PDF などのファイルを上書き前のバージョンに復元することができるようになりました。必要なのはUndelete の設定で保護したいファイルの拡張子を追加するだけです。
 

バージョン保存-ファイルタイプの追加

[設定]>[プロパティ]>[バージョン]>[リストに追加]>[カスタム ファイル タイプ]にバージョン保護したい拡張子を追加

【Dig Deeper(ディグディーパー)・Emergency Undelete®(エマージェンシーアンデリート)】

復元箱になくてもまだあきらめないで!
復元箱にないファイルを検索・復元できる「Dig Deeper」を搭載しています。
また、Dig Deeper から機能を絞り、インストール不要で動作可能にした「Emergency Undelete」により、Undelete をインストールする前に削除されたファイルを検索・復元することが可能です。
 

【Secure Delete®(セキュアデリート)・空きスペースワイパー】

ファイルを完全に抹消
復元してほしくない機密ファイルに対して、米国防総省 /国家安全保障局指定の手順での完全削除を実現する「Secure Delete」を搭載。
またドライブの空き領域に対して実行可能な「空きスペースワイパー」も搭載し、よりセキュリティを高めます。

【InvisiTasking®(インビジタスキング)】

他の処理に影響を与えずファイルの保護を行うための「Undeleteの頭脳」です。わずかなリソースで Windows システムとやりとりを行いリソースを監視することで、コンピューターへの負荷を軽減しながら削除ファイルを復元箱に格納することができます。

Undelete 11 のエディション比較

 

[旧 Ver.]
Undelete 10
Server

Undelete 11
Server

Undelete 11
Desktop Client

Undelete 11
Professional

Undelete 11
Home
(3ライセンス)

個人での利用
商業、公益事業、営利目的での利用 ×
ファイルサーバー上の削除ファイルの復元
※Undelete 11 Server が同一ネットワーク上のサーバーに必要

※Undelete 11 Server が同一ネットワーク上のサーバーに必要
×
ローカルドライブ上の削除ファイルの復元 ×
Microsoft Word・Excel・PowerPoint のバージョン保護・上書き前への復元
※Undelete 11 Server が同一ネットワーク上のサーバーに必要
[NEW]
CAD・Adobe Photoshop のバージョン保護・上書き前への復元(要事前設定)
×
※Undelete 11 Server が同一ネットワーク上のサーバーに必要
[機能強化]
インターフェースの改良
使い慣れたファイルエクスプローラーのような新GUI
×
[機能強化]
保護ファイルの検索と復元速度の向上
×
[機能強化]
検索機能の強化
×
「Dig Deeper」/「Emergency Undelete」
復元箱にないファイルを検索・復元
×
「Secure Delete」/「空きスペースワイパー」
機密ファイルの完全削除
×
「InvisiTasking テクノロジー」
他の処理に影響を与えずファイル保護
×
Undelete のリモートインストール × × ×
Desktop Client 10ライセンス付属
(Undelete 11 Server 1ライセンスごと)
× × ×
[NEW]
Windows Server 2019 対応
× × × ×
[NEW]
Windows 11 対応
× ×
※対応エディション制限あり
[機能強化]
インストール時の再起動不要
×
 

[旧 Ver.]
Undelete 10
Server

Undelete 11
Server

Undelete 11
Desktop Client

Undelete 11
Professional

Undelete 11
Home
(3ライセンス)

Undelete 11 動作環境

【ソフトウェア環境】

  • サポートする Windows オペレーティングシステム

  Undelete 11 Server  
Windows Server 2022 全エディション  
Windows Server 2019 全エディション  
Windows Server 2016 全エディション  
Windows Server 2012 R2 全エディション  
Windows Server 2012 全エディション  
Windows Server 2008 R2 全エディション  

    • ※ x86(32bit) / x64(64bit)の両方に対応
    • ※ Windows x64 にネイティブ対応
    • ※ VMware・Hyper-V 環境上の上記 Windows Server にも対応

 

  Undelete 11 Desktop Client Undelete 11 Professional Undelete 11 Home
(3ライセンス)
Windows 11 全エディション 全エディション Home
Windows 10 全エディション 全エディション Home
Windows 8.1 / 8 全エディション 全エディション (無印)
Windows 7 全エディション 全エディション Home Basic / Home Premium

    • ※ x86(32bit) / x64(64bit)の両方に対応
    • ※ Windows x64 ネイティブ対応
    • ※ VMware・Hyper-V 環境上の上記 Windows にも対応

 

【ハードウェア環境】

  • <CPU / メモリ>
    • 対応 Windows オペレーティングシステムが正常動作するハードウェア環境が必要です。

  • <インストール先ボリュームの空き容量>
    • Undelete 11 Server:約 350 MB 以上
    • Undelete 11 Desktop Client:約 80 MB 以上
    • Undelete 11 Professional:約 140MB 以上
    • Undelete 11 Home(3ライセンス):約 140 MB 以上

  • <サポートするファイルシステム>
    • NTFS
    • FAT32 / FAT16

  • <サポートするディスクサブシステム>
    • 拡張パーティション
    • 論理ドライブ
    • ボリュームセット
    • RAIDアレイ(ハードウェア / ソフトウェア)
    • リムーバブルディスク(ZIPドライブ、USBメモリ、メモリカードなど)