活用例(ソリューション)


I/O 最適化ツール「Diskeeper」「V-locity」を用いて企業の生産性を向上させる方法をご紹介します。


1秒間に処理したIO数(IOPS)

PCパフォーマンス


パフォーマンス低下を解消し、生産性と機器寿命を最大化しましょう。


IT環境における効率改善

起動速度の向上


起動速度の低下により、朝の貴重な時間をムダにしていませんか?


デフラグの仕組み

ファイルサーバー


ファイルサーバーのパフォーマンス低下は全社員の生産性低下です。


TECHINT image

SQLサーバー


DB内部でおきる断片化とは別の“外部”断片化をご存じですか?


Power Usage

電子メールサーバー


電子メールサーバーには企業の生命が流れています。パフォーマンスと信頼性は必要不可欠です。


クラスターサーバー


サーバーをフェイルオーバーシステムに構成する場合、各システムの信頼性と効率を同時に向上させることが稼働率の強力な基盤になります。


SAN


SANにデフラグは必要ないと考えていませんか?
断片化=ディスクI/Oの増大です。


シン・プロビジョニング ストレージ


シンプロビジョニング環境における物理記憶領域の割当管理に課題を抱えていませんか?

PCパフォーマンス


PC の速度 ― PC が遅い理由と その対処方法

PCパフォーマンス
コンピューターの速度は、CPU、メモリ、ディスクドライブの 3 つで決まります。CPU は、10 億分の 1 秒の速度で動作します。 (高速です)。
メモリは、1 億分の 1 秒の速度で動作します。 (これも高速です。)
ディスクは操作ごとに数百分の 1 秒を必要とします。 (これは遅いです。)
ディスクは、次に速いコンポーネントと比較した場合、速度が百万倍低いコンポーネントです。
 
それではPC が遅い理由を探す場合、どこから探し始めますか?
そうです。ディスクです。
 
CPU の速度が半減しさらにメモリの処理速度が半減した場合でも、ディスクがフルスピードで機能している限りPC はかなり速く動作しています。しかしディスクがの速度が少しでも低下すると、すぐにわかります。そして速度の低下が大きいと実に遅くなります。
 

遅い PC の速度をどうやって上げますか?

ディスクの処理速度の低下の主な理由は断片化です。 以下の内容は「断片化」とは何かを説明したものです。
断片化とは基本的にデータや情報のちいさな断片が大きなディスク領域に分散することで、1つのファイルを読み取るためのハードドライブの負荷が大きくなり動作が遅くなることです。ディスクの断片化は、必然的に発生するもので、コンピューターを使用するたびに絶えず蓄積されていきます。コンピューターファイルが、ハードドライブ全体に分散された小さい断片に保存されると、コンピューターはディスク全体にある、数十万または数百万箇所から対象のデータを探さなければなりません。これでは遅いはずです!
1つの断片を取得するのに100分の1 秒かかります。したがって断片が 2 つあれば 100 分の 2 秒、100 個あれば 1 秒、1000 個あれば 10 秒かかります。 キリがありませんがこれは恐ろしい計算結果です。これでご理解いただけたと思います。
 
Diskeeper のシンプルさとその素晴らしさは、ファイルのすべての断片を探し出しきちんと 1 箇所に統合する点です。 これが「連続的な」ファイルであり、「1 箇所にきちんとすべて統合された」状態です。
 

Diskeeper は PC のパフォーマンスを自動的に高速化します。

Diskeeper は、お客様の PC にとって最高のパフォーマンス最適化ソフトです。 Diskeeper により、ファイルは断片化されないで連続して保存されます。そうすることでPC は高速で動作しユーザーは何もする必要がありません。コンピューターは、1 回のディスク操作で、連続したファイルを通常 100 分の 1 秒で読み取ることができます。すべてのファイルの読み取りが、数秒あるいは数分かからず、 100 分の 1 秒で済めば、動作が遅かった PC も再び新品のときのように高速になります。いいでしょう?PC やラップトップを再び新品時に戻すことにどのような価値があるでしょうか?実際に体験してください。いかに簡単に PC の処理速度、パフォーマンス、信頼性、エネルギー効率が自動的に改善されるか、すぐにわかります。
 

お客様からのフィードバック

 
「すべての PC にインストールする必要があります!! Windows 98 から Windows 7 まで、ファイルアクセス、起動、停止が常に速くなりました。」

- シュタルケ ドナリー

 
「すごい!Diskeeper はとても簡単に使えます。 このバージョンからは、各 PC を最適速度で実行させるための貴社の貢献度が伝わってきます。」

- ブランドン バトラー

 
「最大のメリット:必要以上のオーバーヘッドなしで実現する高速度。 Diskeeper により、デフラグが「Set it And Forget it (設定したらあとはお任せ)」となります。」

- ジェラルド D. ボールドウィン
 

PC 速度をスピードアップするために、Diskeeper の無料試用版を今すぐダウンロード
 

起動速度の向上


起動速度の向上 ― PC の起動になぜそれほど時間がかかるのでしょうか?

slow-boot-ups

起動が遅いと生産性が失われます。事実、あなたの会社でも出社から30分もPCの起動が完了するのを待つのに費やしている同僚はいないでしょうか。
 
また、エンドユーザーが苛立つだけのことではありません。 プログラムファイルとデータファイルを (すべて隣り合って並んだ) 連続して保存することはPC の安定性を保ち、最高の効率で実行するために重要な要素であると考えることができます。
 
ファイルが細かく分断され、ディスクドライブ全体に分散されることにより (ファイルの断片化)、安定性や信頼性に関するさまざまな問題の発生原因となります。 ファイルの断片化で生じる主な問題には、起動の遅延、起動不能、バックアップの遅延や中断、ファイルの破損、データロス、クラッシュおよびシステムハング、メモリ問題、ハードドライブ障害があります。
断片化は、起動が遅くなる主な要因です。 システムの起動時、ユーザーがオペレーティングシステムを使えるようにハードディスクからシステムメモリにデータが一気に転送されます。 起動時のこのデータの集中により、手に負えないディスク断片化が初めてその醜い頭をもたげます。
 
断片化の詳細情報
 

新しい PC でも起動が遅くなることがありますか?

断片化は、新しいコンピューターにも悪影響を及ぼします。新しいコンピューターは最高の処理能力で実行される、と思っている人がまだいます。しかしこれはまったくの見当違いです。インストールしたばかりのオペレーティングシステムは、最初から、簡単なデフラグで起動時間を 153.9 秒から 111.8 秒まで短縮できるほど、ファイルが断片化しています。これで経過時間を 27.4% 短縮できます。
さらに悪いことがあります。新しい PC が手元に届いたら最初に何をしようと思いますか? そうです。お気に入りのアプリケーションをインストールします。まずデフラグをしておかないと、お気に入りのアプリケーションもシステム上で断片化した状態になります。
Diskeeper を PC にインストールして実行しなければ、PC の真の応答性を知ることができません。
Diskeeper は、PC の本来の速度での起動と実行を現在妨げている蓄積された既存の断片化をすべて解消するだけでなく、将来の断片化もその発生前に予防するため毎日常に PC が高速で実行されます。
 
さらにDiskeeper Professional エディションに搭載されているHyperBoot なら起動プロセスそのものを最適化することが可能です。
起動時間の改善度を簡単に確認することができるので、Diskeeper による生産性向上を簡単にコストで表すことができます。
HyperBoot

 

お客様からのフィードバック

Boot-up Speed
「最新バージョンの Diskeeper を InvisiTasking とともに業務で利用し始めてから、起動時間が以前の 1/4 になった、と弊社のデスクトップユーザー達からの報告がありました。」
- アンジェラ マッコード、ネットワーク管理者、 LexJet

 
「Diskeeper には本当に満足しています。すべてのワークステーションとサーバーで Diskeeper を使用しています。Diskeeper をインストールするまでは、システムの断片化により、パフォーマンスが少しずつ着実に低下していました。起動、ファイルを開くのが遅く、さらにファイルを保存するのにも時間がかかりました。要するに、コンピューターの処理速度が遅かったのはディスクの断片化以外に原因が考えられません。」

- トム ジョブリン、Reloconnect

 
「プログラムの開く速度がはるかに速くなり、起動時間は Diskeeper をインストールする前よりずっと速くなっています。」

- フレッド リーチ

 
「Diskeeper は長年利用していますが、Diskeeper をインストールしたシステムはどれも改善が見られます。コンピューターの応答が悪くなったときDiskeeperはユーザーが抱えるすべての問題を解消し、ユーザーは新品のシステムを与えられたように感じています。」

- ゲーリー マクドナルド、San Joaquin County Public Health Services

 
体験してください。どれだけ速くPCが起動するかすぐにわかります!
 
起動時間を速くするために、Diskeeper の無料試用版を今すぐダウンロード
 

ファイルサーバー


ファイルサーバー

NTSF ファイルシステムは、Windows オペレーティングシステムの核心であり、そのパフォーマンスはシステムの信頼性と直接関連しています。しかし、NTFS はディスクに分散した形でファイルを書き込みます。たとえディスクがほとんど空の状態であってもそれは同じです。これにより、1つのタスクを完了するために必要とされる I/O の分量が即座に増大して、最新の最も高度なシステムでも急速に処理能力が低下します。
 
file-servers
速度の低下・クラッシュ・頻繁なダウンタイムの発生は、生産性に影響を与え、その影響は会社全体で誰もが感じる状況になります。
 
ファイルシステムのパフォーマンスの最適化により、ダウンタイムを最小限に抑え、アプリケーションの処理速度と効率を上げるという 2 つの重要な目的が達成されます。トラフィックが多いことはほとんどのサーバーでよく見られることですが、こういったサーバーではNTFS パフォーマンスの根本的な問題があるとすぐにパフォーマンスが低下します。問題は、システム管理ツールと監視ツールでは、可能性の範囲にまでしか原因を特定することができないことです。提示されるソリューションの中には多くの場合、 NTFS ファイルのデフラグを含みません。これは、一般に断片化の影響が過小評価されているためです。
  
ファイルサーバー向けの Diskeeperについて詳しく見る
 

ファイルサーバーのパフォーマンスはどうすれば最適化できますか?

ファイルの断片化の発生を安定性や信頼性の問題が発生したことにより気がついても、"既に手遅れ"であることがしばしばです。断片化が原因で I/O アクティビティに負担がかかると、正常時 (断片化のない環境) には効果的に機能するデバイスドライバーやファイルフィルターにも支障が生じます。サードパーティアプリケーションの信頼性は、たとえばディスクサブシステムにおけるボトルネックにそれらのアプリケーションが対応できる程度によりほぼ決まります。
 
Diskeeper は、システム管理者によりテストされ、その結果、ファイルシステムパフォーマンスは、ピークレベルで一貫して維持され、システムやネットワークの重大な問題が解消されたことが確認されました。V-locity は、仮想マシン でも同じ動作をします。たとえば、SQL 管理者がデータベースサーバーの 1 回当たりの平均ディスク読み取り時間 (秒) が非常に高かったことを発見した事例が 2 件あります。
 
Microsoft ナレッジベースの記事によれば、ディスクの読み取り時間が 50 ミリ秒を超えると、深刻なボトルネックであるということです。管理者は、遅延時間が 200 ミリ秒と 300 ミリ秒であることを発見しました。これは、かなり深刻です。– ナレッジベースの記事では、解決策が示されていましたが、デフラグについては明確に示されていませんでした。どちらの管理者も、Diskeeper®を実行した結果、読み取り速度は 15 ミリ秒と 30 ミリ秒にすぐに改善されました。これは、素晴らしいパフォーマンスの改善です。
 
ディスクを追加するなど I/O 帯域幅の増加を推奨された場合には、その前にファイル I/O の最適化を検討してください。
 
例: SAN ベンダーから、コントローラーまたはアレイを追加するように勧められた場合、かなりの断片化がある場合、それは問題から目を背けて覆い隠していることに他なりません。Diskeeper を用いれば本質的な問題を解決できる上、ずっと経済的です。
 

お客様からのフィードバック

「Diskeeper の導入前は、長いバッチプロセスジョブを実行するとその一部は、「Delayed Write Fail (書き込みに時間がかかり失敗しました)」というメッセージが発生して失敗したことがよくありました。3 年以上前に問題のボリュームのホストであるファイルサーバーに Diskeeper をインストールして以来、そのメッセージは発生しなくなりました。」

- デイモン ヤング、システム管理者、Xceed Financial
 

ファイルサーバーのパフォーマンス強化のために、Diskeeper Server の無料試用版を今すぐダウンロード
 

SQLサーバー


SQLサーバー

どのような SQL サーバーデータベースでも、時間の経過とともに、"内部"ファイルの断片化が発生します。この理由は、データベースページからレコードが削除されても、削除後もそのスペースにデータが残されているためです。最終的にこのスペースは再利用されますが、その際、データページは断片化され、不必要な I/O の発生原因となることがあります。これは特に、次々に多数のデータページを読み取るテーブルスキャンの場合に発生する可能性があります。
 
sql-servers

オリジナルデータベースとログファイルが最初の作成時には断片化していなくても、時間を経てデータベースが増大するにつれて断片化するのはほぼ間違いありません。たとえば、元のデータベースのサイズを 100 MB、ログを 10MB に設定し、自動的にサイズを増加するように設定すると、データベースのサイズが 5 GB になったとき、ログのサイズは 100 MB になり、外部断片化が大きくなる可能性があります。データベースファイルやログファイルのサイズが自動的に増大するたびに、外部断片化が発生する可能性があります。
 

SQL サーバーのパフォーマンスを有効利用するには?

SQL サーバーにおける重大なハードウェアボトルネックの1つがディスク I/O です。データベース管理者がタスク完了に必要な I/O ボリュームを削減できる対策であれば、どれもサーバーのパフォーマンスの向上につながります。
 

  • 次に示すのは、DB管理者 がよく使う代表的な手段です。
    • クエリーを調整して、戻されるデータの分量を最小限に抑える。
    • 高速なディスクとアレイを使用する。
    • 大容量の RAM でキャッシュするデータ量を増やす。
    • データに DBCC REINDEX を頻繁に実行して、削除済みの論理データベースまたは非アクティブファイルを削除する。

 
ただし、これらのどの対策でも断片化で生じるハードウェアボトルネックは回避できません。外部断片化をデフラグし、SQL サーバーのパフォーマンスを最大限に上げるには、SQL サーバーユーティリティではなくオペレーティングシステムユーティリティが必要です。
 
Diskeeper のようなユーティリティが処理する外部断片化には、次の 2 種類があります。
 

  • ファイルの断片化
  • 空きスペースの断片化

 
ファイルの断片化とは、完全ではなく、断片的に分散されたコンピューターのディスクファイルのことです。一方で、空きスペースの断片化とは、ディスク上の空きスペースが、1 つのまとまった空きスペースではなく断片化して散在している状態を指します。ファイルの断片化では、コンピューターのディスクファイルに保存されているデータにアクセスするときに問題が生じます。一方、空きスペースの断片化では、新しいデータファイルの作成時や古いデータファイルの拡張 (データの追加) 時に問題が生じます。
 
断片化が止まることはありません。Diskeeper のリアルタイムサポートがないと、断片化は蓄積されて、依存度の高いサーバーは速度が低下し、最終的にはメンテナンスのためにオフラインにしなければならなくなります。NTFS には、ファイルの断片化を最小限に抑える効果がありますが、その状態を維持することはできません。
 
Diskeeper を実行すると、データベースとログファイルのデフラグが行われ、ファイルは断片化されずに 1 つの連続したセグメントになります。また、Diskeeper は空きスペースのデフラグも行うので、データベースやログファイルが増大する場合、断片化がほとんど発生しないか断片化がまったく発生しない状態で増大することができます。V-locity は、VM でも同じ動作をします。
 
Diskeeper デフラグジョブにおけるファイルの移動はすべてオペレーティングシステム自体が行います。オペレーティングシステム内のコードは実際にデフラグできるものとできないものを決めるとき、安全性を優先します。SQL サーバーデータベース (例、 .LDF、.MDF) はデフラグしてもまったく問題はありません。Diskeeper が (API 経由で) オペレーティングシステムにファイルを移動する要求を送信すると、それが安全に移動できないファイルである場合、エラーまたは懸念は生成されることなく、それらの要求は無視されます。
 

お客様からのフィードバック

「弊社では石油メジャー内のサービスのホストとしてグローバル共有 SQL サーバーを提供しています。このサービスでは、ホスト当たり最大 150 個以上のデータベースのホスティングをしていて、場合によってかなりの共有がされています。データベースファイルにタイミングよく書き込みができなくなったために SQL 2005 が停止して、生産が中断したことがあります。この原因がデータベースファイルの過度の断片化だとわかったときには大変驚きました。
 
2 TB のボリュームを Windows で手動デフラグしましたが、6 時間で 12% の成果しか挙げられませんでした。その間、許容できない長さのサービス停止が発生しました。その対策として弊社は Diskeeper を選び、すべての生産環境に展開して素晴らしい成果を上げました。2 週間でデフラグしたデータ分量は、多くても 4 TB でした。」

- ブリティッシュ ペトロリアム
 

SQL サーバーの最適化を体験するために、Diskeeper Server の無料試用版を今すぐダウンロード
 

電子メールサーバー


電子メールサーバー

電子メールサーバー
電子メールサーバーには企業の生命が流れています。 Exchange Server のような電子メールサーバーは、企業活動に不可欠である大量の通信に対応できません。 電子メールファイルをディスクに書き込むと、ファイルはますます小さな断片に分割され、ハードドライブ全体に分散されます。
 
利用できる空きスペースは、さらに断片化され、データの読み書きを行うハードディスクコントローラーアームの作業量が増大します。 そうなると、1つのタスクを実行するために必要な I/O の数が急激に増えます。 I/O ボトルネックがすばやく増大し、ヘルプデスクコールも激増します。
 
最後は、サーバーを停止して、手動でデフラグすることになります。 これには、次のようないくつかの問題があります。 ビジネス生産性の低下、ヘルプデスクコールの増加、ストレージメディアの消耗の増加、エネルギー消費量の増加。 いずれもファイル I/O が最適化されていないことが原因です。
  

電子メールサーバーのパフォーマンスはどうすれば向上できますか?

まず認識しなければならないのは、リソースの浪費は、ディスクにファイルが断片化されて書き込まれるときにOS レベルで始まるということです。この OS レベルは IT スタックの最下位であるため広範な影響が及び、原因の特定が困難である場合があります。多くのシステム管理者は、システム応答速度の鈍化や、ディスクスペースがすぐに一杯になる問題などを単なる運営コストの一環としてみなしています。しかしファイルの断片化を修復したり、断片化が発生する前に回避できれば多くのシステム問題はなくなり、ストレージスペースの利用効果も改善できます。
 
Exchange Server は、最初に仮想化されるべきサーバータイプの 1 つです。Windows NTFS ファイルシステムで実行する仮想マシンは、物理ディスク上の論理ドライブの断片化をすべて継承しています。管理者によっては、SAN 環境は断片化の影響を受けないと誤解している人がいますが、実際には断片化した NTFS は、無数の不要な I/O を下位の SAN レイヤーに送って、その動作を妨げます。
 
Diskeeper は、気付かれないように、ディスクに対するファイルの断片的な書き込みのほとんどを防止します。どんな小さい問題でも、生産性に影響が出たり、不必要な I/O の増殖が生じる前に、即座に最適化が行われます。V-locity は、VM でも同じ動作をします。いずれのソリューションもリソース検知性能が高く、最適化アクティビティによりリソースが競合しないようにしています。
 

お客様からのフィードバック

「電子メールは企業の原動力ではありませんが、社員は電子メールがすぐに届くことを望んでいます。人によっては、電子メールは瞬時に届くと思っています。すべてのファイルアクティビティで、システムの動作はゆっくりと行われていました。スパムが大量に送られてきた場合、メッセージが失われた場所までメッセージをためておくことができました。Diskeeper を導入すれば、このような問題はすべて過去のことになります。」

- チャールズ ロバーソン、情報サービスマネージャー、Placid Refining Company LLC

 
「Exchange クラスターに Diskeeper を導入する以前は、電子メールシステムがフリーズしてデータベースがひどく破壊されれました。しかし、Diskeeper の導入後は、フリーズは過去のものになり、データベースが再び破損することもありません。以前には多数あった電子メールシステムに関するクレームもほとんどなくなりました。」

グレッチェン ガンツァー、ネットワーク管理者、Canoga Perkins

 

 

電子メールサーバーのパフォーマンス強化のために、Diskeeper Server の無料試用版を今すぐダウンロード
 

クラスターサーバー


クラスターサーバー

Cluster-Server
クラスターサーバーの基本的な考え方は、障害発生時でも一貫性のある信頼性の高いソフトウェアとサーバーベースのリソースにユーザーがアクセスできるようにすることです。サーバークラスターは、長時間メモリから実行するアプリケーション向けと、ファイルサーバー・プリントサーバー・データベースサーバーなどの、頻繁に更新されるデータ向けに設計されています。
 
クラスター内のすべてのサーバーではNTFS によって個々のデータがディスクに書き込まれ、これによりタスク完了に必要な I/O 数が急激に増加します。仮想サーバーと仮想マシンをサーバークラスターに統合した場合でも、NTFS ファイルシステムレベルで発生するこのファイルの断片化の問題に直面します。
 
サーバーをフェイルオーバーシステムに構成する場合、ベストプラクティスでは、各システムの信頼性と効率を同時に向上させる必要があります。これらは、稼働率の強力な基盤になります。そのためには、ファイル断片化への対応が不可欠です。
 
サーバーに対するディスク断片化の影響について、詳しく見る(PDF)
 

クラスターサーバーの稼働率と効率を改善するには?

まず認識しなければならないのは、リソースの浪費は、ディスクにファイルが断片化されて書き込まれるときにOS レベルで始まるということです。この OS レベルは IT スタックの最下位であるため広範な影響が及び、原因の特定が困難である場合があります。多くのシステム管理者は、システム応答速度の鈍化や、ディスクスペースがすぐに一杯になる問題などを単なる運営コストの一環としてみなしています。しかしファイルの断片化を修復したり、断片化が発生する前に回避できれば多くのシステム問題はなくなり、ストレージスペースの利用効果も改善できます。
 
Exchange Server は、最初に仮想化されるべきサーバータイプの 1 つです。Windows NTFS ファイルシステムで実行する仮想マシンは、物理ディスク上の論理ドライブの断片化をすべて継承しています。管理者によっては、SAN 環境は断片化の影響を受けないと誤解している人がいますが、実際には断片化した NTFS は、無数の不要な I/O を下位の SAN レイヤーに送って、その動作を妨げます。
 
Diskeeper は、気付かれないように、ディスクに対するファイルの断片的な書き込みのほとんどを防止します。どんな小さい問題でも、生産性に影響が出たり、不必要な I/O の増殖が生じる前に、即座に最適化が行われます。V-locity は、VM でも同じ動作をします。いずれのソリューションもリソース検知性能が高く、最適化アクティビティによりリソースが競合しないようにしています。
 

お客様からのフィードバック

「SAN クラスターサーバーへの Diskeeper のインストールが今日終了しました。最初、断片化は、E ドライブで 40%、F ドライブで 43% でした。それがほんの数時間でどちらも 0% になりました。ひどいパフォーマンスの問題が最近発生していたので、必ず違いが明らかになると思います。いずれにしても Diskeeper のインストールおよび設定の簡単さには驚かされました。」

- ドーン ミッシェル、Partners HealthCare、ブリガム & ウィメンズ病院

  
サーバークラスターの稼働率と効率を強化する、Diskeeper Server の無料試用版を今すぐダウンロード
 

SAN


ネットワークアタッチドストレージ (NAS) & ストレージエリアネットワーキング (SAN)

SAN-NAS
ビジネスが成長すればするほど、ストレージ環境の自然な発展に伴って、ネットワークストレージの需要が増加します。Windows サーバーのダイレクトアタッチドストレージ (DAS) では需要を満たせなくなったビジネスの多くは、ネットワークアタッチドストレージ (NAS) またはストレージエリアネットワーキング (SAN) に移行しています。
 
パフォーマンス、信頼性、可用性、プロビジョニングを利点とする SAN を実装することにより、サーバーに直接アタッチしないストレージを最大限に活用できます。
 
しかし、SAN ストレージの圧倒的な利点は、ただ単に SAN を実装してベンダーの指示に従えば Windows サーバーベースのネットワークで最高のパフォーマンスと信頼性が得られる、という誤った印象をストレージ管理者にしばしば与えます。
 
ベストパフォーマンスSAN環境ついて、詳しく見る(PDF)
 

SAN のパフォーマンスを有効利用するには?

 
しかし、SAN 管理者は、ある時点で SAN ストレージが以前ほど機能しなくなったことに気付きます。パフォーマンス低下の原因を調べると、通常は、空きスペースまたは利用できるストレージの問題が示されます。
管理者は、何が予想外の I/O を発生させているのかという疑問にぶつかります。利用可能なストレージを増設するというのは最も安易なソリューションです。しかし、多くの場合SAN 上のストレージは問題ではないので、ストレージの増設は必要ありません。
 
最も大きな問題で、最も知られていないのが、SAN ストレージシステムの断片化です。多くの Windows サーバー管理者は DASD ストレージの使用時には受け入れて対処してきた断片化は、SAN を実装することで消失したと信じています。
SAN の効率低下の問題を調べるときに、ファイルの断片化がストレージ管理者の頭に浮かばないことが多いのは、この思い込みのためです。SAN のパフォーマンスの問題に気付いても、空きスペース不足が SAN を遅くしているのだろうと推測して、ストレージの増設というお決まりの行動になります。しかし、総合的なパフォーマンスとストレージの効率は両方とも、ストレージが DASD、NAS、または SAN のいずれの場合でも、Windows サーバーがデータをストレージに書き込むときに発生するファイルの断片化の影響を受けます。
 

SAN ストレージにおけるファイル断片化の影響

 
SAN ストレージにおけるファイル断片化の影響は、アプリケーションパフォーマンスの低下およびストレージの非効率な利用となって現れます。アプリケーションの応答時間が遅くなり始め、大きなファイルやアプリケーションの読み込みにかかる時間が延びて、ユーザー全体の操作性に悪影響を与えます。
エンドユーザーはコンピューターが遅くなったと感じ始め、ネットワークパフォーマンスまたはその他の考えられる問題への苦情が、ヘルプデスクコールとして寄せられます。実際には、単純に断片化によって、エンドユーザーも認識できるほどデータの処理時間が延びているのです。
Diskeeper は、企業の SAN をより効率的に実行し、アプリケーションのパフォーマンス向上を支援するために設計されたテクノロジを提供します。V-locity では、VM でも同じ動作をします。
 
SANでテストするために、Diskeeper Server の無料試用版を今すぐダウンロード
 

シン・プロビジョニング ストレージ


シン・プロビジョニング ストレージと VM シン・プロビジョニング

シン・プロビジョニング ストレージ
ストレージの分野では、シン・プロビジョニングが今話題になっています。システム管理者は、従来のストレージ プロビジョニングを使って将来的な拡張を見越し、一般に実際の必要量よりも多くのストレージ スペースを確保します。この結果として、スペースの割り当てられてもほとんど使用されないので、かなりの非効率が発生します。
 
このように割り当てられた未使用の領域は、他のアプリケーションでは使用できないため、多くの企業ではさらにストレージスペースを購入する必要に迫られます。そのニーズはスペースが大きくなればなるほど増加し、コストもかかります。
 
無駄なスペースの問題とそれに伴うコストは、シン・プロビジョニング ストレージの導入で回避できます。シン・プロビジョニングは基本的に、実際に利用可能な分量より多くの物理リソースがあるように見せるための仮想テクノロジーです。
 
しかし、シン・プロビジョニングの原理には、コンピューターレベルとストレージレベルの両方で固有の難点があります。
 
仮想ストレージで未使用となった領域回復についての概念図を見る
 

どうすればシンプロビジョニングストレージを有効利用できますか?

 
一部のストレージアレイには、LUN (ロジカル・ユニット・ナンバー)にシン・プロビジョニングを利用できる機能があります。
このシン・プロビジョニング ストレージ レイヤーは仮想プラットフォームのストレージスタック下位にあり、基本的にはスケーラブルなデータストアです。
 
データストアレベルにおけるシン・プロビジョニングは、ストレージ管理者にとって、オーバー プロビジョニングからの回復という点において、多少の不安材料となっています。データストアから仮想ディスクの削除や他の場所へのコピーが行われても、アレイ自体はそのストレージブロックが空いていることを認識できません。これがいかに不要なストレージの消費につながるかおわかりだと思います。
 
VMware の vSphere 5 はこの問題を解決します。シン・プロビジョニング用の新しい vSphere Storage APIs for Array Integration (VAAI) は、SCSI UNMAP コマンドを使って、VM が以前占有していたスペースが再利用できることをストレージアレイに伝えます。これで仮想ディスクをシン・プロビジョニングで構成した仮想マシンが肥大化する問題の一側面は解決できます。
 
シン・プロビジョニングは、共有ストレージ環境で使用可能なストレージの利用方法を最適化する手段です。シン・プロビジョニングは、過不足なく、タイミング良くシステムにスペースを割り当てる柔軟性の高い方法です。シン・プロビジョニングは SAN の他、仮想システムでも使用されています。このテクノロジーの欠点は、ファイルシステムレイヤーに未使用の印が付くだけで削除したコンテンツは消去されず、無駄なスペースが生じる点です。
 
 

シン・プロビジョニングされた仮想ディスクの空き領域を再利用するには?

 
 
V-locity 4 VM アクセラレーターの発表により、新しい自動領域回復エンジンを導入しました。このエンジンは、シン・プロビジョニングの仮想ディスクで未使用となった空き領域を、仮想ディスクをオフラインにすることなく、またリソースの利用に影響を与えることなく、自動的に回復します。
 
これには、どのような意味があるのですか? 未使用となった空き領域を再利用することで、仮想ディスクの圧縮が簡単になります。シン・プロビジョニングの仮想ディスク自体がデータストア内でスリムに維持され、プロビジョニングを管理するストレージ管理者は管理がしやすくなります。
 
その結果、必要なストレージ容量が少なくて済み、新たなストレージを購入しなくても、既存のストレージの有効利用ができるので、経費の節約になります。