IT環境における効率改善


I/Oリソースを効率的に利用することは、システムやネットワーク、バーチャルおよびクラウド環境全体にわたり、パフォーマンスと運営コストに直接影響を及ぼします。ハードウェアの速度とストレージ技術の進歩にもかかわらず、ファイルと空きスペースの断片化の問題は大きくなることはあっても、小さくなることはありません。断片化は、OS レベルでは大幅なパフォーマンスの無駄につながり、I/Oボトルネックやシステムのタイムアウト、フリーズ、速度低下、クラッシュの主な原因となっています。このことは、ラップトップやデスクトップ、サーバー、SANに接続された仮想サーバーなど、すべてのシステムレベルに当てはまります。これは単に理論上だけの問題ではなく、テスト用に構築された環境および実際の企業での利用の両方で試験され、実証されたものです。
 
IT環境における効率改善(PDF)

Diskeeper の導入効果

Diskeeperがない場合のパフォーマンス低下

V-locity の導入効果

V-locityのパフォーマンス試験