断片化ってなに?デフラグってなに?

デフラグの必要性を見逃してハードウェアに必要以上の費用をかけていることはありませんか?

デフラグの重要性

Windows には Diskeeper の機能制限版が「ディスクデフラグ」として標準搭載されています。デフラグの必要性が認識された結果ですが、果たしてそれだけで十分でしょうか?(参考:Windows 標準の最適化(デフラグ)ツールは Diskeeper の機能制限版ですか?
ディスクの断片化とは、ファイルおよび空き領域の断片化のことで、いずれかが断片化してもシステムパフォーマンスに深刻な影響を及ぼします。断片化の発生状況の実体は想像以上と言われています。デフラグソフトを使用していない場合、10,000以上に断片化されたファイルも珍しくはありません。
このような断片化は OS をインストールした時点ですでに発生し、時間の経過とともに進行しますので、フル機能の Diskeeper と大きく異なる標準デフラグでの定期的な実行は困難です

パフォーマンス対策として重要なことは、常に断片化が無い状態を保ち続けることです

image
断片化が引き起こすシステムへの悪影響
  • バックアップが失敗したり、長時間かかるようになる
  • 不可解なシステムダウン
  • ハードディスク クラッシュの増加
  • システムパフォーマンスとエクスペリエンスの著しい低下
  • アプリケーションとデータベース・アクセスの遅延

などなど

パフォーマンス最適化ツール Diskeeper をお勧めする理由

Diskeeper の特長

  • Microsoft 社と共同開発の API (アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)採用によるファイル安全性の確保
  • Windows 標準のディスクデフラグとは異なる高速・高効率デフラグエンジンの搭載
  • PC のパフォーマンスに悪影響を与えない(ゼロ・インパクト)、InvisiTasking による最適化実行
  • 最大 85% 断片化の発生を防止する IntelliWrite 搭載
  • 低パフォーマンス状態のファイルへアクセスする前に断片化を解消する Instant Defrag
  • 無駄なデフラグをおこなわず効率を追求した 高効率モード
  • Diskeeper による総合的なパフォーマンス改善状況やシステムの状況を各種レポート

次に読むのは...

 
技術情報:デフラグとは