ロー付けについての参考情報


【お問い合わせ・ご注文】

  TEL:03-3443-6888
FAX
  FAX:03-3445-9156
  問い合わせフォームへ

ロー付けの種類

バーナーロー付け

・通常の一般的なバーナー 【500~700℃】

・特殊用途用酸素バーナー 【900~1,200℃】→金属板が大きい、厚みがあるなど

カーボン電極ロー付け

特殊電極材を利用した方法
加熱方法が特殊なため、台座の変形や焼きなましを最低限に抑える事が容易

ロー材について

加工する金属の材質により、適切なロー材の種類を選定する必要があります。以前は加工性の良さ【融点の温度、溶け出し、濡れ性など】から、BAg-1~2が流通していましたが、環境問題、現在ではカドミウムの入っていないBAg-7のロー材が主流です。

JIS番号 化学成分【%】 固相-液相(℃) 用途
BAg-1 Ag-45 Cu-16
Zn-16 Cd-24
605~620 銀ロウの中で最低温度。流動性も良。
BAg-2 Ag-35 Cu-26
Zn-21 Cd-18
605~700 流動性、価格で一般的
BAg-3 Ag-50 Cu-15
Zn-14 Cd-16
630~690 流動性、価格で一般的
BAg-4  Ag-40 Cu-30
Zn-16 Ni-2
660~780 強度大。超硬工具等に使用
BAg-5 Ag-45 Cu-30
Zn-25
665~74 カドミレス品
BAg-6 Ag-50 Cu-34
Zn-15
690~775 カドミレス品
BAg-7 Ag-56 Cu-22
Zn-17 Sn-5
620~650 ☆主 流 品☆
カドミレス品の中では最低温度で、流動性良。
BAg-8 Ag-72 Cu-28 780 銀材料のロウ付け用

 

接点部品用材料の種類

銀合金系 Ag AgNi AgSnO2 AgCdO AgCu PGS 接点剤として試用
タングステン系 AgW CuW         耐久性の要る電極棒など
銅合金系 真鍮         台座として使用

 

溶接の代替用としてのロー付け

ロー付けは、液体の浸透圧を利用するため、通常の溶接棒では届かない部分にまで、溶けたロー材が浸透するため、冷えて固まった際に高い強度を得やすくなります。また、接着部分の外観もきれいに仕上がります。
 

ロー付けについての注意点

ロー付けは、高温まで材料を加熱するため、台金の材質や厚みによっては焼きなましが起きます。そのため、ご要望の部品強度を下回る可能性があります。
また、高温により表面に変色が発生することがあります。特に、加工時の油脂分が残っていると、焦げ付きが起きたり、メッキを付ける際のメッキ不良の原因となりますので、加工前の脱脂処理が不可欠です。

【お問い合わせ・ご注文】

 
  TEL:03-3443-6888
 
FAX
  FAX:03-3445-9156
 
  問い合わせフォームへ